“マーフィーの法則”とは!?
1980年代に日本で流行したマーフィーの法則。日常生活に潜む“あるある話”を集めたもので、「ユーモラスで笑える」と再注目されている。ドラマのテーマにもなっているマーフィーの法則の一部をご紹介。きっと、誰もが一度は経験したことがあるはず!!

【仕事編】
・大事な予定がある日に限って残業になる。
・机の上のお茶は、いつも最も重要な書類のほうに向かってこぼれる。

【勉強編】
・択一問題は最後に残った2つの候補のうち、選択しなかったほうが正解である。
・試験終了後、部屋を出てすぐに、わからなかった問題の解答を思い出す。

【恋愛編】
・フォークダンスは、好きなタイプの人が次のパートナーになる所で終わる。
・好きなタイプの人に既に相手がいる場合、その相手は自分の嫌いなタイプである。

【その他】
・洗車し始めると雨が降る。雨が降ってほしくて洗車する場合を除いて。
・機械が動かないことを誰かに証明して見せようとすると、動きはじめる。
・バターを塗った面を下にして食パンが着地する確率は、カーペットの値段に比例する。
・急いでいる時に限って何かと信号が赤になる。
引用元: NEVERまとめ



ドラマ内に登場するマーフィーの法則を一挙ご紹介!!
マーフィーの法則01 :“ある物事に2つの可能性がある場合
           望まないことのほうが現実となりやすい”(第1話より)
マーフィーの法則02 :“傘を持ってる時は晴れ 持ってない時は大雨が降る”(第1話より)
マーフィーの法則03 :“すべての解決法には新しい問題が伴う” (第3話より)
マーフィーの法則04 :“仕事をやり直す時間はいつもある” (第3話より)
マーフィーの法則05 :“避けたい人ほどよく会う” (第4話より)
マーフィーの法則06 :“順調に見えても必ずどこかにミスがある” (第5話より)
マーフィーの法則07 :“肝心な時に必要な物がない” (第8話より)
マーフィーの法則08 :“ヒールを履くと 溝に遭遇する” (第11話より)
マーフィーの法則09 :“会いたい時に限って その人と連絡が取れない” (第20話より)
マーフィーの法則10 :“物事は見かけほど簡単ではない” (第24話より)
マーフィーの法則11 :“愛し合っていても 別れるのに十分な理由は必ずある”(第24話より)

DVD

EVENT







タン・ユージャ 主演新作!「マーフィーの愛の法則」